電子印鑑スタンプポン無料ダウンロード/フリーソフト/使い方ガイド

スタンプポン&電子印鑑とは

スタンプポンという単語を耳にした事があるでしょうか?スタンプポンというのは、最近人気があって、使う人が増えてきているソフトウェアの事です。

>> 電子印鑑の激安探すならやっぱり楽天がおすすめ

スタンプポンとは、ソフトウェアの中でも、電子印鑑のソフトウェアにあたり、無料で使用できるフリーソフトになっています。

昨今において、先進の企業などにおいては特に、今までの書類を廃止して、電子データによる閲覧という形式へと変わってきつつあると言えます。

そういった状況において、今回紹介しているスタンプポンのソフトは力を発揮するのです。
そもそも、スタンプポンというのは電子印鑑になりますので、そういった電子データの閲覧に関して使用が可能なソフトになっているのです。

また、電子データといったものの閲覧だけでなく、スタンプポンは印鑑をメールで配信するといった事も可能なソフトウェアになっています。

よって、メールでの承認であったり、メール確認などを行う時においても、スタンプポンは威力を発揮してくれるのです。

さらに、スタンプポンというのは色々な形式の印鑑を取り揃えてくれています。
こういったスタンプポンの豊富な印鑑の種類は、色々なシーンで使う事ができて便利です。

例を挙げてみるならば、役職で分けて使ってみたり、グループとして分けてみたり、さらには部の単位で分けるといった事も可能なのです。こういった便利で使えるソフトが無料で使えるというのは実に嬉しくありがたいことですね。

>> 電子印鑑の激安探すならやっぱり楽天がおすすめ

電子印鑑ソフトのスタンプポンは無料ダウンロードが可能

スタンプポンというソフトウェアは、最近人気が出てきているソフトになりますが、電子印鑑のソフトウェアと言われても、まだあまりピンとくる人は少ないのかもしれません。

例をあげるとすると、とある企業において考えてみてください。
今まで、紙の書類などによって承認していたものを、電子データ(ワードやエクセル、PDFなど)によって、それらを印刷もする事なく閲覧したり承認したりするというイメージになります。

そして、そういった時に力を発揮するのが、スタンプポンといったような電子印鑑という事になります。
スタンプポンはフリーソフトでリリースされていますので、無料のままダウンロードをして使い続ける事ができます。

無料でダウンロードするには、無料ダウンロード専門サイトのvectorなどで検索すると、すぐに見つかりますので、必要な際にはぜひダウンロードして使いましょう。

スタンプポンの便利な使い方は色々あるかと思いますが、特に便利ですぐ活用できるのが、用途ごとに分けることで、承認をスムーズに円滑に進めていくことが可能になります。

電子承認による悩みを持っている、抱えている企業というのは、意外と多いという事を耳にしますし、スタンプポンのような電子印鑑のソフトウェアというのはより重要になってくるのかもしれませんね。

紙を使わないということは、それだけ無駄な資源も使わないしエコでもあるといえるので、これからの時代に無くてはならないソフトなのかもしれません。

>> 電子印鑑の激安探すならやっぱり楽天がおすすめ

フリーソフトでもある電子印鑑スタンプポンの使い方や効果

実際に、自分が働いている企業で電子印鑑について提案してみたところ、テスト的に採用する事になりました。
もちろん、自分が言いだしっぺだったので、そのままスタンプポンをテスト段階でも使うことにしてみました。

フリーソフトなので、自由にダウンロードをして使えるというのは、非常に助かりますね。
導入してからの結果の考察になりますが、今までの紙での承認や決済のフローから、電子データによる決済や承認フローへと変わっていったわけですが、やはり最初は戸惑います。

これは当然ですよね。今まで慣れてずっとやっていたものから全くわからない新しいものへと移すのですから、これは予想通りでした。

スタンプポンを使う事によって、電子データに電子印鑑を付与するのは当然の事になってくるのですが、電子印鑑そのものをメールで添付して送る事ができますので、メール配信によってといった事が出来るようになりました。

これは、今まで足を運んで承認を取りにいっていたといったような無駄な作業を、メール1つで解決できるようになった。とも言えます。

正直なところ、スタンプポンを導入して電子印鑑を使う前と、使った後では、もう元には戻れないな。というのが正直な感想です。スタンプポンと知り合っていなければ、これほど便利で効率の良い方法にも出会えなかっただろうし、スタンプポンを導入して効率が上がって、仕事もスムーズになって、これからどんどん電子印鑑システムでの承認フローなどをより広げていずれ、完全移行できるように目指していきたいと思います。

>> 電子印鑑の激安探すならやっぱり楽天がおすすめ

Next Entry : SEO対策をする上でおすすめの書籍
Previous Entry : プリペイド携帯(softbank,AU,docomo)の購入価格や販売料金情報